よくある質問

Q:本当に費用負担はないのですか?
ご相談者様に費用負担がかかることはございません。通常の不動産売買は、仲介手数料や登記費用等が掛かってきますが、任意売却の場合は、売却した代金から仲介手数料等を差し引いて行いますので費用負担が新たにかかるという事はございません。 売却手続きに必要な住民票や印鑑証明書の取得は、ご相談者様でご準備いただく必要があります。
Q:裁判所から競売開始決定通知が届きました。もう手遅れですか?
まだ間に合います。裁判所から競売開始決定通知書が届いてから競売が始まるまでまだ時間がございます。債権者との交渉は可能ですので早急にご相談ください
Q:任意売却後に残った残債はどうするのですか?
任意売却後に債務が残る場合は、相談者様の状況等に合わせ返済計画が再検討されます。
Q:任意売却の相談する際に必要となる書類は何かございますか?
任意売却のご相談される際は、債権者から送られてくる書類、ローン残高等がわかる書類等を確認させていただきます。
Q:任意売却のデメリットはなんですか?
任意売却のデメリットは、あえて言うと必ずしも売却できるというわけではないこと。買主が見つからなければ債権者との交渉も何もないです。何も行動起こさないでいると競売になり強制退去となり、自宅も安い金額で売却されてしまいます。それに対して、任意売却は、一般市場での売却となりますので競売よりも高く売却することができるんです。しかも引越し費用等も交渉で捻出できる可能性がございます。
Q:任意売却の事情を近所の人に知られたくないのですが。
任意売却である事情を近所に知られたくない人こそ任意売却をするべきです。競売になってしまうと所在地等すべてわかってしまいます。任意売却の場合、一般市場での売却ですので任意売却である事情をあえて伝える必要はありません。
Q:どうせ自宅がなくなるなら自己破産した方がいいんじゃない?
確かに自己破産すれば借金がなくなります。しかし、自己破産するにも着手金等の費用が掛かるため手持ちの資金が必要となってきます。しかも自己破産すると自宅は競売にかけられ近所に知れてしまいます。 任意売却の場合、手持ち資金を必要とせず、近所に知られることもありません。どうせ自己破産をするのであれば任意売却して引っ越してから自己破産するという事も考えられます。まずはご相談ください。
 Q:競売開始決定通知が届きました。どうしたらよいですか?
 競売が開始されると時間がありません。至急ご相談のご連絡ください。
債権者からの合意がもらえなければ任意売却も進むことは出来ません。任意売却は時間との問題になってきます。少しでも悩んでいたら、まずはご相談ください。ご相談は無料です。
住宅ローン返済 相談無料 住宅ローン返済 相談無料
ページの先頭へ