任意売却について

私たちはどのような事があっても、
貴方の味方です。

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合、金融機関等との交渉により競売より有利に一般市場で不動産を売却することを言います。
競売になると一般市場よりも売却価格が低くなってしまうため、不動産売却後に住宅ローン残債が多く残ってしまいます。
それに対して、任意売却は一般市場での売出ですので残債を多く減らすことができるのです。
競売になってしまうと所有者との意思に関係なく売却されてしますが、任意売却は書風車の意志で売却ができ一般市場で売却するからこそ残債を減らすことができることが大きなメリットです。

お早い段階でご相談いただくことで、
競売を避けることができます。

実際のところ、競売と通常の売却との
違いってあるの?

競売との大きな違いは、競売になってしまうと強制的に退去させられ近所に競売になったことを知られてしまいます。任意売却の場合は、あなたの意志で売却することが可能で近所に知らせずに売却することも可能なんです。
任意売却による解決は、金融機関との交渉が必要となります。専門知識を持った任意売却専門の不動産会社にご相談するのがベストです。
住宅ローン返済 相談無料 住宅ローン返済 相談無料
ページの先頭へ